Facebook Twitter
okror.com

鬼ごっこ: 発見

発見 でタグ付けされた記事

電気工事業者を選ぶ際に考慮すべきこと

投稿日: 11月 19, 2023、投稿者: Ron Mawhorter
適切な産業用電気請負業者を選択すると、かなりの量の研究と、お客様の好みと予算を完全に理解する必要があります。 既存の電気システムがメンテナンスを必要とする場合でも、商用電気の設置全体を検索している場合でも、電力請負業者を選択する際に考慮すべき重要なことがたくさんあります。 サービス: 電気請負業者に頼ることができることを確認してください。 大規模な設置とメンテナンスに頼りになります。 さまざまなサービスを備えた電力請負業者を見つけることにより、電気工事を達成するために多くの異なる請負業者に電話する必要はありません。 コントロールパネルのアップグレードから重い機械の移転と設置まで、1人の専門家がすべての電気ニーズに対処するために決定することが可能です。 電気機器のメンテナンスとサポートは、少しの機器が失敗または削減される場合に重要です。 Experience: 予期しないことが起こったら、そこに誰かが何がうまくいかず、どのように問題を改善するかを学びたいと思うでしょう。 さまざまな背景を持つ電力請負業者は、さまざまな種類の機械や電気機器の設置、維持、保守、および電気機器を安全かつ効率的にアプローチする最も簡単な方法を知っています。 組織やワークフローに大きな影響を与える可能性のある電気的条件に関しては、専門家に対処していることを確認してください。 可用性: 電気機器の崩壊により、生産が停止し、組織に悪影響を与える可能性があります。 電気システムが失敗した場合、できるだけ早くビジネスを準備するために、すぐにギアを整備することが重要です。 24時間年中無休の緊急対応を提供する電力請負業者は、間違いなくあなたの昼夜を問わず個人的にあなたのために問題を探し、すぐに治療を発見し、ダウンタイムを減らし、スケジュールでより速く戻ってくるのを助けます。 Industries: ユニークな業界に精通している請負業者を見つけるということは、組織をうまく稼働させ続ける必要があるサービスを受け取ることを意味します。 あなたの請負業者は、あなたの職業で最も効果的なギアとインスタレーションを知り、何が機能しないかを理解します。 業界に焦点を当てた専門家を獲得することで、作業がより速く、より正確に行われるようになります。 産業または商業用電気サービスの電力請負業者を選択するときは、仕事に最適な請負業者を探すためにいくつかの調査を行ってください。...

製造業者

投稿日: 1月 2, 2022、投稿者: Ron Mawhorter
また、彼らが設置するいくつかの製品を製造する請負業者は、最近では普通ではないほどではありません。 ビジネスのどちらかの側面には、プロジェクトの引用と引用が必要であり、会社の建物と製造側の両方でこれらのタスクを達成できる1つのソフトウェアの断片です。 あなたの組織がカスタムキャビネットメーカーのようなビルダーとメーカーの両方であり、あなたが会社の両側に単一のソフトウェアを取り入れたいと思っている場合、いくつかの悪いニュースに備えてください。 | - |新しいソフトウェアソリューションを検索するとき、ビジネスの両側をカバーするビルディングソフトウェアを見つけるのはあなたの完璧です。 残念ながら、このビジネスの両方の要素を実行できるアプリケーションを見つけることは困難です。 建設と製造の両方には雇用価格が含まれますが、完璧なソフトウェアソリューションを見つけることはほとんどなく、多くの問題が発生しています。 | - |まず、ビルディングと製造は、ジョブのスケジューリングに関して明確な制約セットを持っています。 製造会社(または企業の一部)は、マシンやジョブショップの人々を扱っています。 これらの店舗は、多くの場合、突然現れるが、できるだけ早く完了する必要があるキューで作業を急ぐ必要があります。 したがって、利用したソフトウェアは、これらのラッシュジョブに追加のタスクに影響を与えることを反映できる必要があります。 一方、建物は突然の変化にめったに対処することはめったにありません。リードタイムははるかに多い傾向がありますが、下請けなどの他の多くの要因を管理する上で新しい課題が生じます。 | - |コスト会計は、製造業と建設でも異なります。 製造の視点は、プロジェクトがあるワークセンターから別の作業センターに移動するにつれて、プロセスコストで機能します。 プロセスタスクのすべての作業は、雇用の進歩として在庫コストが変化することにつながる送信されるまで、資産としてバランスシートにリストされています。 さらに、生産者は雇用の進歩情報に関心があるため、クライアントへの配達日を保証できます。 | - |建設会計は大幅に異なり、プロジェクトをまったく異なる方法で分解します。 収益とコストは、仕事全体に関して割合と見なされます。 多くの請負業者は、製品やサービスがすでに使用または配信されている場合でも、声明を支払うまで価格を記録しません。 請負業者は、過剰と未成年者に関するプロジェクトの完全な予算に関連して、これまでのプロジェクトのコストに関心があります。 これらのコストの崩壊は、製造設定では不可能または有用ではありません。 | - |リアルタイムで価格をキャプチャすることは、理想的な建設アプリケーションと適切なサポート手順でのみ可能です。 素晴らしいソフトウェアバンドルは、プロジェクトが進むにつれて、ユーザーが直線的にタスクを監視する機能を提供します。 | - |建設会社(または企業の一部)も、プロジェクトの処理から生じる問題を管理する必要があります。その多くは、生産環境では発生しないか、適用できません。 例として、メーカーは、タスクや進捗状況の請求の文書保持などの監視を心配していませんが、建設会社はそうです。 | - |最後に、製造業のための引用は、建設の仕事で監視されていない材料の手形のようなものを伴います。 | - |主なポイントは、一部の企業はビルダーとメーカーの両方であるにもかかわらず、1つのソフトウェアが会社のいずれの側にも利用できないということです。 どちらの場合も、両方の操作が「関連情報」に関連して根本的に異なるため、アプリケーションがビジネスのいずれかの側にサービスを提供できる場合でも、利用するのが非常に困難である可能性があります。 このため、別個の製造および建物のソフトウェアパッケージに投資する必要があります。 | - |...